こんにちはノーシュンです!

「たまには、日記っぽいものを書いてみよう!」


といきなり思い、、

一昨年のインド旅行を振り返ってみたいと思います
(なんせネタになることが多いので。。。笑)

ただ、インド旅行ってなかなかハードルが高いですよね

そこで

① インドはどんな国か?
② インド旅行の必需品
③  ものすごく怖かったこと

を僕の体験記を通して紹介したいと思います!

コロナで海外に行けない時期ですが、僕のブログを読んで少し旅行気分を味わっていただけたら嬉しいです

6泊7日となかなか長旅だったので前・後半に分けます!

突然決めたインド旅行

きっかけですが、本当に突然決めました笑

インドといえば「価値観が変わる」とか「人生が変わる」とかいいますが、そういった目的は何もなくて


・ちょっとみんなが行っていない場所
・ 貯金があるから少し遠いところ...

インドだ!! ってなりました笑

...と決めたくせに、1人じゃ怖いので父も同行してもらうことに笑

父は僕と違ってかなり破天荒で、汽車を撮るために学生時代に何度も1人でインドへ

初日にパスポートを盗まれたり、大麻を吸ったり...と、かなりインド慣れしていたので、めちゃくちゃ頼もしい。

インドについてほとんど知らないので、見どころの多い中央インドを周遊することに。

僕の本命はタージマハルがあるアグラという街でしたが、父の本命はバラナシとかいう聞いたこともない地名

まさかバラナシが最も記憶の残る街になるとは...


旅行は周遊する都市間の移動だけ担当のドライバーがついてて、それ以外は自由! みたいなツアーを選びました。(ツアーとは名ばかりですが笑)


利用したのはエア・インディアでした!

いきなりインドっぽさを感じる機内食笑

そして約8時間のフライトを終え、空港に着くと...

ドドンッ!

インドっぽさを感じる空港でした笑

さっきからインドっぽさを連呼していますが、それくらいインドについては無知で、何もかもが新鮮に感じました。。

デリー編: 首都なのに外出が怖い... 

最初に訪れた街はデリー!

着陸した空港もデリーでした。

空港から約40分。
送迎車に乗ってデリーの中心部のホテルへと向かいます。

もうね、リアルマリオカートでした。

クラクション鳴りまくり、割り込みまくり、スピード出しまくり、でもなぜか事故らないんですよね

怖っ!と思ってシートベルトをつけたら、後ろの人はシートベルトをつけなくていいんだよと笑われました。

「なにヘラヘラ笑ってんねんっ!」と言いたかったのですが、慣行に従いたいのでつけないことに笑

いざ、外出! メインバザーで散歩

さて、ホテルに着いたのも束の間

「せっかくだから外出しよう!」と張り切ってパハールガンジーという大通りに向かいます。

出た瞬間に線香のような独特な匂い。。

お父さんはどんな反応しているか気になってみてみると得意気に「これは大麻の匂いだ」とドヤ顔。


ここでもトゥクトゥクや牛が真横を横切ってヒヤヒヤ。

他にも猿、ネズミ、犬が放し飼いで歩いてます

特にネズミと犬は病気持ってそうで怖いんですよね、、、

余談ですが、インドに行く前に狂犬病の注射を打っておくことをおすすめします。

そして夜ご飯は、同じ通りの見晴らしがいいご飯屋さんに!

さすが人口2位の国って感じですね。

食べたのはもちろんナンとカレーです笑

帰りはチャイという紅茶を飲んで帰りました!

ものすごく暑かったのですが、味はめちゃくちゃ美味しい!

そこらの屋台で安く紅茶を飲めるって素敵な文化ですよね。。

充実した1日のようですが、緊張と不安で仕方ありませんでした笑

日本人って良くも悪くも目立つんですよね

すれ違う人に日本語で話しかけられ、トゥクトゥクに乗らないかとひたすら勧誘されたり、大麻を勧められたりとか、、、

ドッと疲れて翌日のバラナシに備えます。

バラナシ: さらなる恐怖が... 

さて、2日目は首都のニューデリーからバラナシへと飛びます

バラナシですが、僕が旅行した中では、最もインドっぽい街だったと断言できます。

なんせ目の前に広がるガンジス川!

圧巻でした。

ちょうど満潮だったようで、本来は川沿いを歩けるのですが、川に出ては通りに戻り、再び川に戻るといったルートを通ることに。

魅力が多かったのですが、何より怖かった!!!

まず、細い路地。
人がすれ違うのでやっとの通りなのですが、ここにバイクが「ビービー!」クラクションを鳴らしながら容赦なく通ってきます。

ただでさえ人混みが嫌いなので、せっかちなインド人にイライラ笑

そして、通るのは「人間」だけではありません。

牛も犬も通ります。

牛の糞がそこら中に落ちていますし、ここでもなんですが、、

犬がとにかく怖いんですよ!!!

なんていうんでしょう、飼い犬に絶対なれない犬というか、野犬なんですよね、皮膚もボロボロで肉が見えている犬とかもいて

病気を明らかに持っていそう。。

バイオハザードに出てくる犬だと思って徹底的に避けてました。

そしてバラナシの見所は火葬場です
さっきの画像はホテルからの眺めなんですが、紫っぽい建物が火葬場にあたります。

さすがに写真は撮れない状況だったので、できるだけ想像できるように描写します笑

火葬場は川の真横に面していました。
ついてすぐに向かったので、ちょうど活気がある時間帯だったのかすごい数の人。

ここにいると、より日本人が目立つんですよね。
そこら中から「チョコいる?葉っぱいる?」と大麻を誘われます。

しつこいので、ひたすら断ると

「It's OK. This is a holy place」と言われます。

「聖なる場所だから吸っていいってどんな理屈や」って思いながら人をかき分けて進みました。


すると、裸の仙人?みたいな人が

「こいつらは騙そうとしているから、言うことは聞くな、ワシが案内してやるからついてこい」的なことを言っていました

今思うと明らかに怪しいですが、ついていくことに笑

結局明らかに火葬場ではない崖の下に連れて行かれて、死生観や火葬場の役割について話し出しました。(すごい真剣な表情だったので聞き入りました)

すると突然、近くの焚き火に落ちてる灰をでこに擦り付けられました。

「熱っ!」って思ったんですけど、それ以上に怖くて笑

しまいには、色々サービスしたんだからお金をよこせと言われたので、父と速やかに退散しました。(実際はまぁまぁ揉めて結構長引いたのですが...)

そしてやっと火葬場に!

階段を登った高台にヤグラのようなスペースがあり、その中央には金属でできた窯のようなものが4台あって、それぞれの中には遺体が横たわっています。

不思議なもので周りの人たちは泣いている様子はなく、真っすぐ燃える遺体を見つめていました。

仕切りとかは特にないので結構近づけるのですが、火が燃え上がっているので、かなり熱い。

詳しいことはわからないのですが、その日はご遺体が多く送られる日だったようで、火葬場は常にフル稼働でした。

 

そして就寝...

バラナシは慣れない環境で緊張感があったのと、小さい路地のストレスで疲れ果てていました笑

ただ、見渡す限りのガンジス川は圧巻です。

夜はホテルの屋上で夕飯を食べながらバラナシの夜景を展望していましたー

インド旅の[後編]では、

バラナシ編:  日本人に遭遇 ! 

アグラ編:  父とガイドが大喧嘩 

ジャイプール編:  最悪の体調でピンクシティへ

の3本立てで行きます!

インドに行くなら覚悟しておいた方がいいこと

やばい、、役に立つ情報を書くといってあまり書いていないっっ!となったので、最後にインド旅行をするにあたって知っておいた方がいいことをまとめました。

トイレットペーパーは無いと思った方がいい

都心部や高級ホテルに泊まる際は問題ないと思いますが、今回取り上げたバラナシのような地域では、ホテルにトイレットペーパーがありません。

トイレの横にシャワーがついていて、インドの人はそれをかけた後に左手で拭きます。(インドの人が食事で左手を使わないのもこの理由)

絶対にこんな場面に遭遇したくない!って人は持っておいて損はないので、トイレットペーパーを持っていきましょう

*ただし、紙を流していけない便器もあるので要確認!

断る勇気を持とう!

インドの人が饒舌に日本語で話しかけてくる場面はよくあります。

ほとんどがお金目的なので、基本的に断った方がいいです。

断り方としては、キッパリ断ってグングン進んで行くことがおすすめです。

たまに、それでもついてくる人がいますがその際も無視して突き進んでください笑

ナイフを持って脅してくる。みたいなことは早々ないので、無視すればいずれ諦めてくれます

セキュリティ対策はしっかりと

父いはく、10年・20年前に比べるとだいぶ治安が良くなったそうです。

ですが、旅行者がインドで盗難被害に遭うことはよくあります。

特にパスポートや財布、スマホは盗まれたら悲惨ですよね

そこでおすすめしたいのがセキュリティポーチです。

このようなポーチは腹に巻いて身に付けることができるので、盗まれる心配もありません。

ちなみに僕はTシャツの下に隠れるように身につけていました。

貴重品をここに入れて、それ以外をリュックに入れるといったイメージですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

近いうちにインド旅行の後編も書いていこうと思うので、期待していただけると幸いです! それでは!

皆さんこんにちは! ノーシュンです。
数年前から人気のTikTokですが、各国で禁止される動きがあるようです。
(その動きが日本にも...)

僕自身TikTokを使ったことがないので
へぇ~そうなんだー程度にしか思っていなかったのですが笑

思ったよりも根が深く、政治情勢が絡んでいて

これは、意外と面白いぞ!!

となって執筆しています笑

ただ情報収集をして書くだけでは、日本で使えなくなることのインパクトが感じられなそうなので、つい先ほどインストールしてみました!

それでは早速始めましょう!

今回の記事は、、

この記事を読んでわかること
・TikTokが無くなると言われている理由
・各国がTikTokに対してどう動いているか
・そもそもTikTokとはどんなアプリか
こんな人は是非読んで!
・TikTokに興味があるけどよくわからない人
・TikTokに関するニュースをまとめて知りたい人
・最新のニュースを知りたい人

TikTokとは?

僕を含め、名前は知ってるけどどんなサービスかイマイチよくわかっていない人は多いと思います。

TikTokは中国のIT企業・ByteDance社が運営する"短い動画"を共有するアプリです。

Youtubeで広告を見ると、「ウザいな~笑」と思ったりするサービスですが、その人気は特に若者に絶大。

2018年には1年で日本で最もインストールされたアプリとなりました。

ざっと触ってみた感じだと

こんな感じで、ハッシュタグで流行の動画が見れますし、好きなユーザーはフォローすることで定期的に見ることができるようです。

本当にシンプルでTwitterの動画版って感じがします。

試しに藤田ニコルさんで調べてみると、なんと70万人のフォロワーがいました!
(Youtubeチャンネル:65万人)

どうしてもYoutubeやYoutuberの方が注目されがちですが、TikTokもかなりのポテンシャルがありそうです。

なぜ無くなると言われているのか?

こんなにも人気なアプリがなぜ無くなると言われているのでしょうか?

これまで頑張ってきてフォロワーを増やしてきた人からしたらたまったもんじゃないですよね。

全ての発端はインドから

今年の6月29日に「インドの防衛、国家の安全保障、治安を害する活動に従事している」としてTikTokを禁止しました。

なんとアプリストアから削除!

これに続いてオーストラリアやアメリカも禁止に向けて話を進めています。


防衛・国家の安全保障・治安って大袈裟な気がしますよね笑

これを初めて聞いたとき

ただのアプリにみんな騒ぎすぎじゃない?

って思いました笑

海外が懸念をしているのは「中国政府にデータが渡ること」です。

TikTokをはじめ、私たちが日常的に使うアプリは多くのデータや個人情報を取り扱っています。

これは、一見不気味に思えますが、それによってより良いサービスを受けられるなどの恩恵を受けていて、今や当たり前になっています。

ただし、、、
それらのデータは通常、企業内で保持されるものであって政府に渡るものではないですよね。

中国の場合、「国家情報法」により、中国政府から要請があった場合、企業は情報を政府に提出しなければなりません。

あくまで可能性の話に過ぎないのですが、Tiktokの場合

Tiktokが取得可能なデータ

位置情報

Wi-fi

電話番号

SNSの情報

検索履歴

動画内の顔情報

位置情報やSNSの情報だけでも怖いですが、顔のデータが顔認証に悪用される可能性もあるそうです。。

これらの情報が政府に渡ることを危険視して、セキュリティ上の問題から各国で禁止に向けた運動が進んでいるんです

アメリカのTiktokへの対応

Tiktokは中国発のアプリですが、アメリカでも多くのユーザーが利用しています。
米調査会社のワラルーメディアによると、月に1回以上アプリを開く人(MAU)はおよそ8500万人もいるそうです。

We Love Socialによると日本のMAUは950万人なので、アメリカは日本の約9倍の市場規模を持っています。

日本よりもはるかに人気なんですね。。。

そんなアメリカですが、もちろんトランプさんはTiktokから中国政府に情報がいくことを懸念しています。

Tiktokを運営するByteDanceに対し、アメリカにおける事業をアメリカ側に売却しなければ、9月15日に利用を禁止する!と宣言していて、全世界が今後の動向に注目しています。

売却先としてはMicrosoftが最も有力ですが、MicrosoftにとってSNSのTiktokを買収することが得策なのか疑問視する人も多いようです。

(なんせ、これまでExcelやWord、Windowsといった企業向けのサービスが多いですからね。。。)

日本ではどうなる?Tiktokの運命

それでは、本題!

日本でもTiktokは使えなくなるのか?

結論から言うと
完全に禁止になるかわからないですが、規制に向けて確実に動いています

まず、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の甘利さんがTikTokなどの中国発アプリの利用制限を政府に提言すると宣言しています。

そして直近だと、埼玉県や神戸市がそれぞれのTikTokの公式アカウントを停止させていて、地方自治体も注意を払っているようです。

県民の不安の声を受けてとのことですが、残念な気もしてしまいますね

アメリカの場合、Facebookの個人情報流出やTwitterで有名人のアカウントが乗っ取られたことなどもあり、IT業界への規制が厳しくなっています。

日本では、あまりこう言った事例もないですし、アメリカに便乗しているのかな?とも思ってしまいます。

また、TikTokは多くの芸能人が使っているSNSでもあるので、「#検察庁法改正案に抗議します」みたいに大きな反発が起きて支持率が下がる可能性もありますね笑

まとめ

いかがだったでしょうか?

なぜ世界的にTikoTokの利用が懸念されているかがわかったのではないでしょうか?

たしかに個人情報やプライバシーは大切ですが、規制ばかりではなく、どうにかしてサービスと共存できる形になればいいですね!

新しいニュースがあれば引き続き更新していきたいと思います!

Stay Tuned!

皆さんこんにちは、ノーシュンです

今回は僕がインターンとして1年半ほど務めていた「デバッガー」という職種について紹介します。

短期バイトやインターンの募集要項に書かれていたりしますが、あまり馴染みがないのでどんな仕事をするのか想像するのが難しいですよね。。

そこで今回はデバッガーに興味を持っている人に、デバッガーについて色々教えます!

この記事を読んでわかること
・デバッガーとはどんな仕事?
・未経験でもデバッガーはできる?
・デバッガーに向いている人
こんな人は是非読んで!
・デバッガーに興味がある人
・ITの仕事に興味がある人

デバッガーとは

デバッガーとはどんな仕事なのでしょうか?
名前が濁点ばかりでなんかカッコいいですよね笑


デバッガーとはズバリ、「ゲームやアプリのバグ(欠陥)を見つける」人・仕事のことです。

英語で書くとdebugger。「バグを取り除く人」を指します。

私たちが、日常的に使う色々なゲームやアプリを不満なく使えているのは、デバッガーの人が隅々までバグを取り除いてくれているから!

デバッガーは開発の最後の砦であり、ゲームやアプリの品質を担保しています。

ゲームやアプリは「エンジニア」によって作られていますが、機能を増やす・画面を見やすくする、と改善をしていく内に、エンジニアの人が気づけないバグ(不具合)が増えていきます。

それらのチェック漏れがないようにするのがデバッガーなんです。
(出版社における校閲みたいなものに似ています)

ただバグを取り除くと言っても、具体的に何をしているのか気になりますよね

次の章で具体的な業務内容を教えます!

業務内容

それではデバッガーの具体的な業務内容をお教えします。

一言でいうと「ひたすらゲーム・アプリを触ること」です。

もちろん、デバッガーの業務はそんな単純でではないので、それぞれ詳しく説明します。

テスト項目に則ったテスト

デバッガーは通常、
エンジニアの人が作成する「テスト項目書」をもとに、アプリやゲームの動作がOKやNGなどのチェックをします。

この作業をすることで、開発漏れがないかアプリやゲームをリリースする前に確かめることができます。

[テスト項目書イメージ図]

場合によっては、テスト項目に則ってではなく自由に触ってバグを見つけることを求められることもあります。(フリーデバッグと呼ばれたりします)

再現性の明示

デバッガーが開発の漏れや不具合を確認してくれるのは、とても助かることですが、OKやNGが記載してあるだけではエンジニアの書いたどのコードが悪さをしていたのかわかりませんよね

そこで、デバッガーは必ず「再現性」を明示する必要があります。

・どの画面で起きたか?

・どのような操作をした時にバグが起きたか?

・どれぐらいの確率で起きるのか?

・どの端末で起きたか

みたいな感じです。

これらをできるだけ具体的に明示することで、エンジニアがバグを治すまでの手間を省くことができます。

特にアプリになると画面の大きさが端末によって違うので、どう見えるかを調整するのが大変みたいです。。。

未経験でデバッガーは可能?

さてタイトルに書いてある通り、デバッガーは未経験でも可能なのか?という疑問にお答えします。

たとえ求人で未経験歓迎!と書いてあっても不安になってしまいますよね。



プログラミングができないとダメかな...



業務内容を見て薄々気づいたかもしれませんが、デバッガーは未経験でも務めることができます

もちろんスキルや適性はありますが、デバッガーがコードを書いて実際にバグを治すということは基本的にありません。
(その場合は求人募集にハッキリ書いてあると思います)

ただし、場合によってはテストを行うためのツールを使いこなす必要があるので、参画してからの勉強が必要なことも。

こんな人にデバッガーはおすすめ

デバッガーとして仕事を始めるにあたって、経験は必要ないと述べましたが、向き不向きはハッキリと分かれます。

デバッガーに必要なことは大きく3つ。
忍耐力コミュニケーション能力完璧主義です。

忍耐力

いきなり、「その仕事ブラックなの...?」と心配になる言葉ですが笑
デバッガーには忍耐力が必要です。

誰も見つけられていない不具合を探さないといけないので、デバッグはある意味「ここまでやればいいよ!」のような終着点がない作業です。

また、チェックをするのにある一定の条件をクリアしないといけない項目もあります。。。(ゲームで言ったら、ある町のドアを全て開けるとか笑)

なので、バグを見つけてやる!といった執念集中力がかなり必要な作業と言えるでしょう。

しかし、これは誰にでも見つけられないだろ! というバグを見つけた時は物凄い達成感を味わうことができるので、忍耐力のある人には楽しめる仕事だと思います。

コミュニケーション能力

デバッガーは色々な人と関わることがあります。
エンジニアはもちろん、デザインやUXに問題があれば、デザイナーにコミュニケーションを取ることもありますし、ストーリーやコンテンツに問題があれば、ライターの人に問い合わせる必要があります。

そして何より、どこに問題があったのか簡潔に伝える能力が必要です。

具体的にかつ的確に書く・伝える能力を培うことができる職業であると言えるでしょう。

完璧主義

これは、これまであげた中で最も大切な要素かもしれません。

デバッガーがバグを見落とすor見逃すということは、「ユーザーが不快な思いをする」ことに直結します。

本当に最後の砦なんですよ!

少しでも手を抜いてバグを探す作業を怠ると、サービス、下手すりゃ会社の名前に傷がつきます。

だから妥協を許さない、とにかく真面目な人が向いているはデバッガーに向いていると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、あまり知られていないデバッガーという仕事に注目して記事を書きました。1年半の経験を通してまだまだ共有できることがあると思うので、気になった方はコメントをいただけると幸いです!