【書評】「サピエンス全史(上)」人類の歴史を知る上で欠かせないバイブル!

【書評】「サピエンス全史(上)」人類の歴史を知る上で欠かせないバイブル!

こんにちは、ノーシュン(@nonoblog0919) です!


実は読書が本当に大好きで



書評ブログ書いてみたいかも。。。

と思い、始めてみることにしました!!



記念すべき第1回はサピエンス全史!
2017年にビジネス書大賞を受賞したことから知っている方も多いと思います。

ただ、、、
この本、結構分厚くて買うのを渋ってしまうんですよね


そこで今回は、できるだけ具体的に本の概要や内容についてレビューしていきます!

これまでの固定観念が全て覆されるような本でした!


特に、、

・明日話せる知識を身に付けたい
・人間って何なんだろう?と疑問に思ったことがある

といった人におすすめの1冊です。

本の概要

サピエンス全史は初版が2016年に発行されました。

上・下巻とあって、上は文章のみで256ページ、下は273ページまであります。

そう、結構分厚い本なんで気になっても買うのを渋る人が結構いるんですよ(もったいない!!!)

作者について

本の内容が面白いのもそうなんですが、この本は著者がすごい。
ユヴァル・ノア・ハラリという方が書いているのですが、とにかく博識なんですよね。
よくもこんなに情報を1冊の本に集めたな...と読めば読むほど著者の教養の深さに驚かされました。

彼はイスラエル人の歴史学者で、現在はヘブライ大学で歴史学を教えています。

他にも数々の著書を出していて、いずれも人気があります!

ユヴァル・ノア・ハラリの関連書籍

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

ホモ・デウス

サピエンス全史の内容


突然ですが質問です!

なぜ人間だけが他の動物と比べて、こんなにも賢く、世界を発展させることができたのでしょうか?


簡単そうな質問ですが、意外と答えるのが難しいですよね。

2足歩行ができるから? 学校で火や道具を使えることが人間の特徴って習った気がする....

サピエンス全史で、著者はこの疑問に様々な観点から答えてくれます。


著者によると、人間の歴史の道筋は3つの大きな革命によってもたらされたそうです。

人間の歴史における3つの革命
  1. 約7万年前の認知革命
  2. 約1万2000年前の農業革命
  3. 500年前の科学革命

農業と科学はわかるけど、認知ってなんだろう...?

サピエンス全史(上)では、特に認知革命農業革命にフォーカスして、人類の歴史を教えてくれます。



目次はこんな感じ↓

第1部 認知革命

 第1章 唯一生き延びた人類種
 第2章 虚構が協力を可能にした
 第3章 狩猟採集民の豊かな暮らし
 第4章 史上最も危険な種

第2部 農業革命

 第5章 農耕がもたらした繁栄と悲劇
 第6章 神話による社会の拡大
 第7章 書記体系の発明
 第8章 想像上のヒエラルキーと差別

第3部 人類の統一

 第9章 統一へと向かう世界
 第10章 最強の征服者、貨幣
 第11章 グローバル化を進める帝国のビジョン
 

個人的には「認知革命」の第1部が一番面白かったです!


私たちは自分たちが唯一の人間種だと思い込んでいますが、実は昔は色んな種の人類がいたと著者は説明しています。

その中でも我々ホモ・サピエンスが生き残るができたのが、この「認知革命」によるものらしいです🗒

その他にも「そうだったのか!」と人間への理解を覆す知識・情報が詰め込まれているので、ぜひ読んで頂きたいです!

まとめ
・サピエンス全史では人間の進化の歴史が学べる
・上巻では、認知革命と農業革命を取り上げている
・著者の研究による知識・情報が詰め込まれている

書評カテゴリの最新記事