今回は、現代語訳『論語と算盤』について書評をしていきます!
この本の著者は「日本資本主義の父」と言われている渋沢栄一です。

吉沢亮さんが大河ドラマで演じられていたり、次の1万円札の人物に抜擢されていることから、最近注目されている人物ですね!

今回の記事では、渋沢栄一ってどんな人?から始め、この本の大まかな内容と感想について語っていければと思っています!!

渋沢 栄一 (著), 守屋 淳 (翻訳)

読んだ理由

こんなに注目されている渋沢栄一を全く知らないのはやばいな...と思い、手に取ってみました! 新書なのでページ数も249ページと比較的ライトかと思います。

ただ、一つ勘違いしないで欲しいのが、この本は決して渋沢栄一の伝記ではありません! 僕自身勘違いしてました...笑

あくまでも渋沢栄一という人物の仕事とはどうあるべきかといった哲学を本人が著している本になります。

渋沢栄一ってどんな人?

渋沢栄一の名前を知っていても何をした人か答えられる人は多くないのではないでしょうか?
僕もよくわかっていないまま読み始めたのですが、導入部を読んだだけで興味が一気に増しました。

会社に出勤するため、いつも通りJRに乗って日経新聞をひらいた。ふと目をやると、車内吊り広告にサッポロビールのうまそうな新製品の宣伝がある。そういえばもう年末、クリスマスは帝国ホテルで過ごして、初詣は明治神宮にでも行くかなあ。

驚くなかれ、ここに出てくる固有名詞すべての設立に関わった人物が、渋沢栄一なのだ。

論語と算盤「はじめに」より引用

渋沢栄一は「日本資本主義の父」とも評され、JR,日経新聞,サッポロビール,みずほ銀行,帝国ホテル,東京海上日動火災保険などの名だたる企業の設立に携わった実業家であり慈善家です。

彼は埼玉県深谷市血洗島に生まれ、第15第将軍の徳川慶喜に仕えました。
その後、フランス渡航する機会があった渋沢は資本主義によって支えられたヨーロッパ経済に驚きます。

ご存知の通り、日本は鎖国をしていたことにより近代化が遅れていましたが、経済の仕組みにおいても遅れを取っていました。商業といえば町人が行うもので、政府が主導することはありませんでしたし、何より日本には伝統的な身分制がありました。フランスに渡った渋沢は軍人と商人が対等に話す姿を見て驚いたと記しています。

渋沢は官僚も務めました。大蔵省(現財務省)で資本主義の体制を推進した後、実業界へと足を踏み入れます。

彼が設立に関わった会社はなんと481社!
その他にも500以上の慈善事業に関わったと言われています。

『論語と算盤』の内容

先ほども書きましたが、論語と算盤は渋沢栄一によって書かれた本であり、決して伝記ではありません! 

まずは、論語と算盤という変わったタイトルについて説明しましょう。

『論語』は中国の春秋時代に活躍した孔子の言行録であり、「人はどう生きるべきか」「どのように振舞うのが人として格好良いのか」といった道徳的な部分をカバーしています。

ビジネスに対し「金儲け」と言ったマイナスイメージがあった実業界にこの論語の精神を取り入れようと説いているのが本書であり、渋沢は常に「論語と算盤は一致するべきである」言っています。

「士魂商才」というのも同じような意味で、人の世の中で自立していくためには武士のような精神が必要であることはいうまでもない。しかし武士のような精神ばかりに偏って「商才」がなければ、経済の上からも自滅を招くようになる。だから「士魂」とともに「商才」がなければならない。

ビジネスにおいてSDGsやCSR(企業の社会的責任)が重要視されている昨今、事業を行うこと・仕事をすることの意味や道理を考えさせてくれる1冊となっています。

『論語と算盤』の感想

論語と算盤では当時の国の課題や現状を述べつつ、渋沢の仕事における哲学が書かれています。

その中でも、金・仕事 = 悪という考え方が蔓延していた江戸後期において、道徳を経済活動に取り入れれば社会に還元できるを説いているわけですが、この金・仕事 = 悪 という考え方は今でもまだ残っているように感じるんですよね

極端な例ですが、例えばZOZOの前澤社長のお金配り。
自身のお金を多くの方に配っていることは行為として素晴らしいにも関わらず、どこか穿った見方を僕はしてしまいます。

"お金は正しく使われれば決して卑しいものではない" このことを胸に刻みつつ、自分がどう企業・社会に貢献すれば世の中のためになるか考えさせられました。

印象に残ったフレーズ

論語と算盤は仕事をしている社会人の全ての人に読んでもらいたい1冊だと思いますが、若者に向けてのメッセージが多いように感じました

特に僕は今年で新卒1年目なので心を動かされましたね...

いくつか抜粋したいと思います!

蟹穴主義

あんまり馴染みがない言葉ですよね。渋沢は「蟹は、甲羅に似せて穴を掘る」という主義で「渋沢の身の丈」を守ということを心掛けているらしいです。

要するに、自分の力を過信して身の丈をこえた望みを持つのでないということなのですが、こんなに偉業を成し遂げた渋沢がここまで謙虚なのかと驚かされました。

もちろん意欲的に新しいことを挑戦することは大切なのですが、自分がなすべきことを決めた上で行動するというバランスが大切だと教えられました。

常識とは「智、情、意」

社会に出ると常識を持っていなければなりません。

常識なんて大人が勝手に作ったルールでしょ?

と調子に乗って考えていた時期もありましたが笑
いったい「常識」ってどういうものを指すのでしょうか?

渋沢は常識には「(知恵、情愛、意志)」の三つの調和が必要だと述べています。

常識を身に付けるには、物事のプラス面やマイナス面を見分ける能力、すなわち「」- 知恵 が必要です。

ただし「智」ばかりでも、自分の利益のために他人を突き飛ばすような人になってしまえば目も当てられません。

ここで必要なのが「」-情愛 です。
「情」が加わることによって知恵のみに偏るのではなく、バランスを保津ことで、円満な解決を与えてくれます。

この二つで十分な気がしますが、渋沢は「情」にも欠点があると言っています。
それは瞬間的に湧き上がりやすいことです。
私たちはつい瞬間の感情で決断をしてしまうことがあります。このような動きやすい感情をコントローするために「」- 意志が必要だというのです。

終わりに

今回は渋沢栄一の『論語と算盤』について書評をしました。
現在、大河ドラマ等で注目を浴びている人物なので、是非この機会にチェックしてみてください!

渋沢 栄一 (著), 守屋 淳 (翻訳)

こんにちは、ノーシュン(@nonoblog0919) です!

今回は書評シリーズ!
DaiGoが絶賛した『エッセンシャル思考』について解説していきます。

本題に入る前に、、、この本はこんな人におすすめです!

 

この本はこんな人におすすめ!・色々なことに手を出してしまい継続できない
 ・人の誘いを断れない
 ・仕事のスピードが遅い
 ・生活習慣が悪い

ほとんどの人が当てはまるんじゃ...

エッセンシャル思考はそれだけ広く応用できるんだよ!!

どんな本?


『エッセンシャル思考』が発売されたのは2014年のこと。
グレッグ・マキューンという方が執筆されました。

なんでもこのグレッグ・マキューン氏はApple、Google、Facebook、Twitterなどの有名な企業のアドバイザーを務めているんだとか!

あれ、結構前に発行されているんだね

今でも本屋の目立つところに
置いてあるからつい買っちゃったよ

20万部を突破したことやメンタリストのDaiGOが絶賛していることから有名な本ですが、一体どんな内容なのか?少し解説していきます。

エッセンシャル思考とは

この本のタイトルは『エッセンシャル思考』最少の時間で成果を最大にするです。

そして英語で「Essential」は = 「必須の」「最も重要な」という意味になります。

エッセンシャル思考とは
「より多くのことをやるのではなく、正しいことをやり遂げ、最大の成果を出すためにはどうすればいいか考えることです

僕をはじめ、現代の人々はとにかく色々なものに手をつけすぎです。
何もかもが中途半端に終わる挙句、一番大切なものを手放してしまっている人が多いのではないでしょうか?

例えば、、

・大事な仕事があるのに、他の細かい仕事を振られてしまい対応に追われる
・飲み会に誘いを断れず、家族との時間が減ってしまう


などが挙げられます。

このような人はエッセンシャル思考を試したほうがいいと著者は推薦します。


エッセンシャル思考を身に付けるためには3つの思い込みを克服しなければなりません。

エッセンシャル思考を身につけるためには
「やらなくては」ではなく「やると決める
「どれも大事」ではなく「大事なものはめったにない
「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない

このような考え方をできる人が「エッセンシャル思考の人」
そしてこれができない人を「非エッセンシャル思考の人」としています。

どんな内容?

本書は大きく分けて4つのパートに分かれています。

本書の構成
PART1 - エッセンシャル思考の考え方
PART2 - 見極める技術 
PART3 - 捨てる技術 
PART4 - しくみ化の技術 

それぞれの章の概要を説明します!

PART1 - エッセンシャル思考の考え方

PART1ではエッセンシャル思考の考え方を理解するための基本を3つに分けて説明しています。

エッセンシャル思考の基礎
1. 選択
2. ノイズ
3. トレードオフ 

著者によるとエッセンシャル思考を実践するためには、上の3つのことを意識することが大切だそうです。

特に世の中に大事なことはそんなにないと思う・ノイズだと思うという考え方にはハッとさせられました。

非エッセンシャル思考の人は、大多数のものごとが重要だと考える→エッセンシャル思考の人は、大多数のものごとを不要だと考える

『エッセンシャル思考』64~65ページ

PART2 -見極める技術

このパートではエッセンシャル思考に欠かせない、本当に重要な物事を見極めるために必要なことを紹介しています。

見極めるために必要な5つのこと
1. 孤独
2. 洞察
3. 遊び 
4. 睡眠 
5. 選抜 

一見どれも当たり前のように感じるタイトルですが、一流のビジネスマン・企業の習慣・文化など興味深いテーマばかりでした!

Twitter社やアマゾンのCEO,ビルゲイツやハーマイオニーまでもがエッセンシャル思考を取り入れていることがわかりました!

PART3 - 捨てる技術

このパートでは、重要なことをやり遂げるために不要なものを「捨てる」技術を紹介しています。

絶対やるべきものを決めた後には、いらないものをキッパリと切り捨てなければいけない。

PART2のようにやりたいこと・大切なことを見極めるのは簡単かもしれませんが、今度はそれ以外を捨てるとなると中々難しいですよね。

捨てる技術
1. 目標
2. 拒否
3. キャンセル 
4. 編集
5. 線引き 

いずれも「捨てること」の重要性について教えてくれます。

特に拒否・キャンセルの章が面白かったですね。
日本人は良くも悪くも人の誘いを断れない人が多いので、「あ、断ってもいいんだ」と思えました。

*もちろん断ってばかりではリスクがあるので、適切な断り方が必要であることも著者は留意しています。

PART4 - しくみ化の技術

エッセンシャル思考を理解しても日常で活かせなければ意味がありません。

本書では最後にエッセンシャル思考を日常に取り入れるためのしくみ化のコツを教えてくれます!

しくみ化の技術
1. バッファ
2. 削減
3. 前進 
4. 習慣 
5. 集中 
6. 未来 

著者の経験も踏まえているので納得感がありました!

おすすめポイント

このブログを執筆するにあたって2回この本を読んだのですが、最後におすすめポイントを抜粋したいと思います!

日常に取り入れる方法を教えてくれる

ビジネス本を読んでも読み終えたことに満足して中々行動につながりませんよね。(その人のやる気の問題とか言わないでください笑)

この本では、どうすれば自分自身の「選択」ができるかを教えてくれます。

それも具体的に。

帯にも書いてあるのですが、エッセンシャル思考を明日から取り入れるだけで人生は大きく変わります。そして著者はその方法論をこの本で提供しているのです!

エッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。

とにかく読みやすい!

2回読んで思ったのは、「とにかく読みやすい」ということ。

著名な人の習慣が興味深いのもそうなんですが、1つ1つの章のまとまりがいいんですよね。。

「興味がある章だけ好きな時に読んでみる」と言った感じで、悩みがある時にふと読み直したくなる本でした!

最後に

いかがだったでしょうか? 今回は『エッセンシャル思考』について紹介しました!
エッセンシャル思考を読み終えて思ったのは、
デキる人はこんな考え方・習慣を持っているんだ...という驚き
そして何より、仕事に悩みを持っている人は全員知っておくべきだ!!と思い今回は紹介しました。

少しでもこの記事を読んで、読んでみたいという人が増えれば嬉しいです!

こんにちは、ノーシュン(@nonoblog0919) です!

今回は書評シリーズ!
学生・社会人関わらず誰でも読んでほしい「嫌われる勇気」についてレビューしていきます。

店頭に並んでいることが多いので、タイトルや表紙だけ知っている人が多いかもしれませんね

大袈裟に聞こえてしまうかもしれませんが、僕はこの本を読んで人生が変わりました! (マジです笑)

読んだ後に、この本が売れた理由がわかった気がするので、どこが特徴的だったか解説していきます!

嫌われる勇気はこんな人におすすめ!・自分に自信が持てない
環境が大きく変わりそうにある人
・いま現在悩みを抱えている人



いや、全員やろ!って感じですよね笑
参考にならなくてごめんなさい、それだけ誰にも通じる教えがある本なんです笑

嫌われる勇気の概要

今回紹介する嫌われる勇気ですが、なんと2013年に発行された本。

7年経った今でもビジネス書のおすすめ上位に乗っているなんてすごいですよね!

英訳もされて海外で出版もされていたりもするようです

どんな内容?

嫌われる勇気ってどんな本?ってことで

一言で説明すると、アルフレッド・アドラーという心理学者の「アドラー心理学」を解説する自己啓発本です。

「うわ、難しそう」って思いますが、この本はとてもユニークで「対話形式」の物語仕立てでアドラー心理学を理解することができます。

登場人物はたったの二人。哲人青年です。

哲人
哲人

アドラー心理学について教えてくれる哲学者

自分に自信が持てず、劣等感を持っている青年

青年
青年

この青年が哲人に


・アドラー心理学の真髄とは何か?

・自分が自信を持てるようにするにはどうすればいいか?

を哲人に聞くことで、読み手もアドラー心理学を理解できるという構成になっています。

内容がなんとなくわかるように
ざっとですが目次はこんな感じです↓

第一夜
 知られざる「第三の巨頭」
 なぜ「人は変われる」なのか
 トラウマは、存在しない
 人は怒りを捏造する
 過去に支配されない生き方
 ソクラテスとアドラー
 あなたは「このまま」でいいのか
 あなたの不幸は、あなた自身が「選んだ」もの
 人は常に「変わらない」という決心をしている
 あなたの人生は「いま、ここ」で決まる

第二夜
 なぜ自分のことが嫌いなのか
 すべての悩みは「対人関係の悩み」である
 劣等感は、主観的な思い込み
 言い訳としての劣等コンプレックス
 自慢する人は、劣等感を感じている
 人生は他社との競争ではない
 「お前の顔を気にしているのはお前だけ」
 権力争いから復習へ
 非を認めることは「負け」じゃない
 直面する「人生のタスク」をどう乗り越えるか
 赤い糸と頑強な鎖
 「人生の嘘」から目を逸らすな
 所有の心理学から使用の心理学へ

第三夜
 承認欲求を否定する
 「あの人」の機体を満たすために生きてはいけない
 「課題の分離」とはなにか
 他社の課題を切り捨てよ
 対人関係の悩みを一気に解消する方法
 「ゴルディオスの結び目」を断て
 承認欲求は不自由を強いる
 ほんとうの自由とはなにか
 対人関係のカードは、「わたし」が握っている

第四夜
 個人心理学と全体論
 対人関係のゴールは「共同体感覚」
 なぜ「わたし」にしか関心がないのか
 あなたは世界の中心ではない
 より大きな共同体の声を聴け
 叱ってはいけない、ほめてもいけない
 「勇気づけ」というアプローチ
 自分には価値があると思えるために
 ここに存在しているだけで、価値がある
 人は「わたし」を使い分けられない

第五夜
 過剰な自意識が、自分にブレーキをかける
 自己肯定ではなく、自己受容
 信用と信頼はなにが違うのか
 仕事の本質は、他者への貢献
 若者は大人よりも前を歩いている
 ワーカホリックは人生の嘘
 人はいま、この瞬間から幸せになることができる
 「特別な存在」でありたい人が進む、ふたつの道
 普通であることの勇気
 人生とは連続する刹那である
 ダンスするように生きる
 「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ
 人生最大の嘘
 無意味な人生に「意味」を与えよ
 

ごめんなさい、目次がどれも魅力的で全部書いてしまった...


ボリューム多っ! と思いそうですが本編は全部で283ページ
物語のように進むので、その気になれば1日で読める分量です。

目次を見てわかるとおり、各タイトルがどれも魅力的で刺さりますよね!
ブロガーとして見出しの名前に生かしたいなと思うばかりです💦

著者

著者は哲学者の岸見 一郎さんとライターの古賀史健さん。

岸見さんは高校生の頃から哲学を志し、大学進学後は先生の自宅に度々押しかけては議論をふっかけたそうです。

一方、古賀さんは書籍のライティング(特に聞き書きスタイルの執筆)を専門とされています。他に有名な著書としては20歳の自分に受けさせたい文章講義などがあります。

古賀さん自身も20代でアドラー心理学と出会い、岸見さんの元でアドラー心理学の本質について聞き出したんだとか

本当にアドラー心理学を一から学んだ2人だからこそ、誰にでも理解できるような構成になっているんだろうなと感じました!

Good Point!

さて、大まかな内容を説明したところで、本書のどう言った特徴がベストセラーにつながったのでしょうか?

とにかく読みやすい

対話形式の本は馴染みがない分、読むことに苦手意識や抵抗感を持つ人が多いのではないでしょうか?

僕と僕の両親もまさしくそうだったのですが、嫌われる勇気はとにかく読みやすかったです。

登場人物がたった二人であるのに加えて、哲人がわかりやすく説明してくれるのでサクサク読むことができます。

また物語形式ではあるものの、気になった章だけ読むことも可能なくらい各章で簡潔に説明されています。(おすすめはしません笑)

青年の質問力の高さ

心理学ってこともあり、哲人の言っていることが理解できないことがあります。
ただ、それをカバーしてくれる青年の質問力が非常にありがたい!

「どういうことだ?」ってちょうど読者が疑問に思ったことを青年がドンピシャで聞いてくれるんです。

読み終わった頃には、理解できないところがほとんどない状態で、本を閉じることができました。

そもそもアドラー心理学が面白い

嫌われる勇気ってタイトルを知ったときに、

どうせ、「人に嫌われるって大したことないですよ~」みたいな内容でしょ?

っと少し斜に構えていたのですが


いや~深い!! 深いんですよアドラー心理学!

 

あまり内容を言えないのですが、「そんな考え方があるのか!」とハッとさせられることが何回もあります。(青年も同じリアクションでこれがまた面白い)

目次の量を見てわかると思いますが、あらゆる状況でアドラー心理学を生かせるので「自分だったらどうするだろう?」と考えさせられます。

嫌われる勇気の感想

何度も読み返したい! これに尽きます

僕の場合、この本と出会ったのが就活の時 (パーフェクトタイミング笑)
自分の就職先を選ぶ上で、かなり参考になりました。

そして心境にもいくつか変化が...!

読んだ後の心境の変化

読む人によって感想や受ける影響も違うと思いますが、誰しもが色々と考えさせられるのは確実だと思います。

中でも僕はものすごく影響を受けやすい方なので、読んだ後、明らかに心境が変わりました

僕の心境の変化
・他人と自分を比べなくなった
・「過去」「未来」よりも「今」を大切にするようになった
・人のために貢献しようと思うようになった

と、こんな感じです。

母には、「宗教に入ったみたい」とさえ言われましたが(笑)、個人的にこの心境の変化はポジティブなものだと思ってます笑

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は「嫌われる勇気」の魅力に迫りました!
まだ書評ブログの書き方を模索中ですが、これを機に読んでみようかな?って思ってくれる人が増えると嬉しいです!

こんにちは、ノーシュン(@nonoblog0919) です!


実は読書が本当に大好きで



書評ブログ書いてみたいかも。。。

と思い、始めてみることにしました!!



記念すべき第1回はサピエンス全史!
2017年にビジネス書大賞を受賞したことから知っている方も多いと思います。

ただ、、、
この本、結構分厚くて買うのを渋ってしまうんですよね


そこで今回は、できるだけ具体的に本の概要や内容についてレビューしていきます!

これまでの固定観念が全て覆されるような本でした!


特に、、

・明日話せる知識を身に付けたい
・人間って何なんだろう?と疑問に思ったことがある

といった人におすすめの1冊です。

本の概要

サピエンス全史は初版が2016年に発行されました。

上・下巻とあって、上は文章のみで256ページ、下は273ページまであります。

そう、結構分厚い本なんで気になっても買うのを渋る人が結構いるんですよ(もったいない!!!)

作者について

本の内容が面白いのもそうなんですが、この本は著者がすごい。
ユヴァル・ノア・ハラリという方が書いているのですが、とにかく博識なんですよね。
よくもこんなに情報を1冊の本に集めたな...と読めば読むほど著者の教養の深さに驚かされました。

彼はイスラエル人の歴史学者で、現在はヘブライ大学で歴史学を教えています。

他にも数々の著書を出していて、いずれも人気があります!

ユヴァル・ノア・ハラリの関連書籍

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

ホモ・デウス

サピエンス全史の内容


突然ですが質問です!

なぜ人間だけが他の動物と比べて、こんなにも賢く、世界を発展させることができたのでしょうか?


簡単そうな質問ですが、意外と答えるのが難しいですよね。

2足歩行ができるから? 学校で火や道具を使えることが人間の特徴って習った気がする....

サピエンス全史で、著者はこの疑問に様々な観点から答えてくれます。


著者によると、人間の歴史の道筋は3つの大きな革命によってもたらされたそうです。

人間の歴史における3つの革命
  1. 約7万年前の認知革命
  2. 約1万2000年前の農業革命
  3. 500年前の科学革命

農業と科学はわかるけど、認知ってなんだろう...?

サピエンス全史(上)では、特に認知革命農業革命にフォーカスして、人類の歴史を教えてくれます。



目次はこんな感じ↓

第1部 認知革命

 第1章 唯一生き延びた人類種
 第2章 虚構が協力を可能にした
 第3章 狩猟採集民の豊かな暮らし
 第4章 史上最も危険な種

第2部 農業革命

 第5章 農耕がもたらした繁栄と悲劇
 第6章 神話による社会の拡大
 第7章 書記体系の発明
 第8章 想像上のヒエラルキーと差別

第3部 人類の統一

 第9章 統一へと向かう世界
 第10章 最強の征服者、貨幣
 第11章 グローバル化を進める帝国のビジョン
 

個人的には「認知革命」の第1部が一番面白かったです!


私たちは自分たちが唯一の人間種だと思い込んでいますが、実は昔は色んな種の人類がいたと著者は説明しています。

その中でも我々ホモ・サピエンスが生き残るができたのが、この「認知革命」によるものらしいです🗒

その他にも「そうだったのか!」と人間への理解を覆す知識・情報が詰め込まれているので、ぜひ読んで頂きたいです!

まとめ
・サピエンス全史では人間の進化の歴史が学べる
・上巻では、認知革命と農業革命を取り上げている
・著者の研究による知識・情報が詰め込まれている